FC2ブログ

お墓


はむ

ほぼ貸切状態で獣電vs特命見てきた
とってもブレイブでした
本編中3分の2ぐらいバスターズが空気でちょっと存在忘れかけた
陣さんも耳くそほどしか登場シーンなかったし消えるの早いし何が一番駄目ってEDで踊ってなかったことだ
あの魅惑の腰は犠牲になったのだ
アバレブルーが出たりジュウレン5人のうち3人が本人音声で俳優業を引退した筈のゲキが復帰して登場のかなり金掛かってそうな豪華仕様だったけど扱いがそれぞれ微妙な感じ
全体的に当たり障りなく無難に綺麗に纏められていた
そしてトッキュウのネタ感が凄い
名乗りがかなり尺取られそうだけどあのままテレビに使われるんだろうか
スポンサーサイト



三木銅山

開発2年で廃鉱や

ちくわ

ファッション辞任

新しい財布(といっても中古)を買ったが今まで使ってたものに申し訳なくて捨てられない
何かにつけて捨てる為の理由付けと一番いい処分の仕方を調べないと納得しないから部屋が汚い
食べ物も捨てられないので腐ってても食べるおかげか腸が健康だ
紙やお菓子の容器とかはふつうにゴミ箱につっこめるけど
服や食器等長期的に使用してきたものや生産者が手塩にかけて作ったであろうことが想像に容易いものなんかは多分お焚き上げかなんかしないと満足できない性分なんだと思う処分だけに

ユピテルのポータブルカーナビのCMで「ナンバーワン!」つってる場面が怖い
あれほど綺麗に管理されていてゴミひとつ落ちてないのに結構な交通量を想定してつくられたであろう幅の広い道路とどでかい施設に車どころか人っ子一人いないなんてどこの時空の狭間だ

アエイオウ


砂になれ

爺汁

お金ないし勉強しないといかんし暫くは特撮映画絶ちしないとなーと思っていたが獣連爆竜充電と恐竜戦隊が揃いビートバスターいたし陣さん復活なのかと書いているだけで堪らないので見に行く
単車乗りの方は見送った
バイト先に入ってた鎧武の食玩に値札シール貼り付けてて思ったけど龍玄ってあんまりかっこよくない
飛び道具を使うという点に重きを置きすぎて無意識にイケメンだと思い込んでいた
ミッチはガワもポジションも恵まれないなあ
走る雷のエレメント陣さん見たいマジ陣さん陣ガ・マジーロ
雷ってやっぱかっこいいよな

オチョナンメイク
ノムヒョンメイク
ピンときたら3.14

でれれれれろれでられ

私の眼窩の中に吐かないでください

ヘア中にミンミンゼミがミンミンしているみたいでした
最近また頭が首バットで飛んで行ったみたいな
そんな感じがしています
多分渋谷駅構内図のせい(頭の欠陥がみつかる)
ミーン
ところどころ田所
全国の田所人口が500万を超えたので田所を捕まえ次第台所の床下で糠床に漬けます

「草植えフェス うえよう」って語感がなぜかたまらなく好き
キャンプにきていたカールがかわいかったので拉致しました
奴はもうここからでられない

五児が浮上(他殺)

消えますか!?
消えませんかQ"?!!
消えますか!?
消えますか!?・?
消えますね!!””!!
手が寒くってよこに黒い麻袋
麻袋に詰め込まれたアサド「シリアナ東京」
ベルマーク収集始めました

機動掲示板


自分の思い通りに隙間が埋まると気持ちがいい

男は読経

遅寝早起きな社会人て狂ってる
23時半に床について朝4時半に起きたが眠すぎて顔がなくなりそうだ
明日は5時半にお経もう無理だ

グリーンマンが攻めてきたぞー
千人兵連れて攻めてきたぞー
どけ どけ どけ どけ どけ
うせろ

劣等感と恐怖心と不安感と焦燥感

自分のいいところを探そうとすると手が震えて泣きそうになる
褒められても信用できないしどうすりゃいんだ
どうしようもない
社会不適合な人間は薬で麻痺させるしかない

脳味噌の白和え

頭のいい人と話合わせるの難しい
やっぱコンビニバイトとか工場勤務とかがお似合いだわ
目の前にいたら完全に萎縮して何も言えなくてビクビクしっぱなしだと思う
見下されて笑われるのがわかってるからだろうなー
MENSAの会合に連れて行かれたら解散直後に自殺する自信ある

白鳥由栄賞

デニスニルセンとジョンウェインゲイシーのサラブレッドみたいな名前しやがって

お袖留めって名前が気持ち悪い
袖留めか袖詰めでいいじゃないかって思う
自分の袖なのに「お」をつけるって頭おかしいし美化語にしても全く上品な印象はなくすごく馬鹿っぽい
ヘアアレンジやメイクで自身に対して「~してあげる」って言い回しぐらいゾッとする

鮟肝

女は椅子に座り目の前のモニタをじっと眺めていた。全ての蛍光灯の電源を落としたその暗い部屋を煌々と照らすモニタの明度を三段階ほど下げて、昔から愛用しているアプリケーションの拡張パッチを制作している人らのHPを見て周っていた。この人はいい文章を書く。あの人はいい絵を描く。それぞれの癖や味を噛み締めるように、色々なコンテンツをじっくり時間を掛けて読んでいた。「そういえば、あの人の絵を最近見ていない。」あまりアプリケーション界隈で積極的な活動は行っていない、ある人のHP。以前はあまり好きではなかったけれども、見ている内にだんだんといいところが見えてきて、今では割と好きなのだ。HPの内容は至ってシンプルで、日付の記されたラフな絵が載せられていて、その上部に一行分のメールフォームとか、メールへの返信とか、過去載せた絵のログとか、アプリケーションのパッチの配布ページしかない。しかなかったと思ったのだが、ふと見ると右端に何かリンクが張られている。なんだろうかとクリックすると、某問答サイトが表示された。もう2年ぐらいHPに通っているけど、この人の文章を読んだことがない。どんな物言いをして、どんな思考で、普段は何を見ているのか。何も知らなかった。湧き上がる好奇心と興味。女はゆっくりと、また、噛み締めるように画面のスクロールを始めた。だがこれがいけなかった。女は後悔した。何故ならば想像とは全く違っていたからである。勝手にイメージを膨らませて過大評価していた私が悪いが、あまりにこれはひど過ぎる。読み進めれば読み進めるほど、自分の中の偶像は音を立てて崩れ落ちていった。へえ、あんたもナナって言うんだ。言葉遣いが粗暴で女性だが一人称が俺、他人に攻撃的な発言を並べ立て、気に食わない物事への誹謗中傷。好奇心によって熱せられた興奮がものの3分ちょいで氷点下にまで冷めてしまった。よせばよかったなあとゲンナリしていた女だが、どこか昔の自分と重なる部分が多いことに気付いた。記憶の奥底に押さえつけていた黒歴史が瞬間鎖を千切って大脳皮質に襲い掛かってくるような錯覚。胸をムカつかせながら読んでいると、その人のtwitterアカウントがリンクされているのを見つけた。凄いクズでクソな人間性を持つこいつ、人間関係はどう結んでいるのか気になって気になって。結局2時間程そいつの問答とtwitterを読み漁っていた。はっと我に返ったとき、ある程度の情報が頭に入っていることに気付いた。好きな物、嫌いな物、住んでいる県と市と町、年齢、職業。そして女は嫌な薄ら笑いを顔に張り付けて、アンチの気持ちを理解した。

腸餓死

ゴキブリいる状態で家に招くと帰られるのかwwww
ライオネルが「ここに僕の居場所はない」とか言い出してワロタ

u

瑞季となっちゃんと裕乃さんが転校だと/^o^\
ウワアアアアアアアアアアア

« »

01 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
非常ボタン
死ね
月別アーカイブ
ブログ内検索

Archive RSS Login