FC2ブログ

お墓


イケメンはイケメン

目の前に広がる世界がまるで違う場所のように見えた
一つ「あ」と声を出せば途端に霞んでボヤける視界
そこで陽炎のようにゆれる街の光達はまるで宇宙の星屑のようで
今なら本当にそこへ飛んで行けるような気もした

全てを投げて全てを忘れてその世界を隔離してしまおう
遮れば見えなくなるのだから 自分はそう望んでいる筈なのだから
意識を無くし真っ暗闇におちてしまいたいのに
なぜか目蓋は意思に反しいつまでも
その世界を焼き付けるように
現実の地震に近い振動が止むまで閉じてはくれなかった

おかげで僕はドライアイになった

Comments


« »

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
非常ボタン
死ね
月別アーカイブ
ブログ内検索

Archive RSS Login